回転率は重要でした。

どうも、マッサンです。

遊びはトライ・アンド・エラーの繰り返しなんで、失敗が当たり前と思うんですけど、年頃の子どもにはなかなか堪えるんですよね。

子どもにとって、遊びの中での失敗ランクでトップなのは【負ける】ことだと私は推測しています。

なので【負ける】を感じさせないようにするにはどうしたらいいか?

私がやって、気がついたことを書きます。

 

回転を上げるために。

f:id:matsu-matsu-mattsu:20180126181413j:plain

ドッジボールを見ていて気になったのが、ボールの扱いが上手い子の天下だったこと。

どうしてもボールを投げるのは同じ子になるので、できるだけ多くの子にボールに触って欲しいと思い、まず試したのが1分間勝負でコートに多く人数がいたほうが勝ちってしてみたんです。

やってみると1分間なので、とにかくボールを投げないといけない。

上手な子に回してるヒマなんてありません。

スピード感あふれる、スリリングな遊びに発展しました。

 

 

まとめ。

ドッジボールってだいたい同じ展開で退屈だったんですよね。

最終的にボールの取り合いでケンカ別れになったりで。

 

1分間勝負をやってみて気がついたのは、ボールの扱いが上手い子ほど慎重になって活躍できないこと。

上手い下手が関係なくなったことで、誰でも勝負に参加できるようになりました。

参加者が増えたことに、どうしたか。

今度はそれについて書いてみようと思います。