ロジカルとラテラル。

どうも、マッサンです。
前回はコーチングとティーチングについて書きました。
今回は子どもをコーチングするときに気をつけている考え方、視点について書いてみようと思います。

 

f:id:matsu-matsu-mattsu:20180222132648j:plain


問題を掘り下げる『ロジカル・シンキング』

ロジカルシンキングは日本語では論理的思考や、垂直思考といわれます。

問題に対し筋道を立て一つ一つ検証し、解決に向けて掘り下げていく方法といったところでしょうか。

ティーチングと相性がいいと私は思っています。

常識にとらわれない『ラテラル・シンキング』

こちらは水平思考と言われ、常識的にとらわれず様々な視点から問題を検証します。

解決に向けて最短な方法をとるのがラテラル・シンキングで、子どものコーチングに適していると私は考えています。

拙速を尊ぶ。

ここからは私の経験からの話になります。

スキーのインストラクターは限られた時間で、結果を出さないといけません。

技術の習得まで見届けるというのは現実的に難しく、できるのは技術習得のためのポイントを伝えることまでです。

スキーは感覚のスポーツなので、話だけではイメージは伝わりません。
ロジカル・シンキングの方法では時間がかかりすぎ、お客さんの回転も悪くなります。
乱暴ですが、少々癖が強くても、その癖をいい方向に向けたほうが技術習得の時間が減るんです。

前傾や後傾過多の生徒がいるとしましょう。

前傾・後傾過多の問題点を挙げ、これが正しいポジションですと説明したところで、本当に伝わるでしょうか?
私は逆にもっと前傾や後傾を強めるとどうなるかから始めます。それも極端に。

極端にすることで、板が回らないなど問題点が実感できます。

あるいはエッジングが強すぎてスピードが出せない生徒の場合は、後ろにつかせ、早めのペースで滑る。

エッジングが強すぎてスピードが出せないんじゃんくて、スピードが出てもしっかりエッジングができてるというように置き換えるんです。

まとめ。

できることを増やしていくことは大事ですが、それにとらわれると縛りがきつくなります。

いまの状況をうまく活かして声がけをすれば、一方通行のティーチングにならず、コーチングになるんじゃないでしょうか?